日遊協 高射幸性機問題は「全日遊連と日電協の協議を踏まえ対応」

%e6%97%a5%e9%81%8a%e5%8d%94%e4%bc%9a%e8%a6%8b20170518日遊協は5月18日、都内中央区の本部事務局において定例理事会を開催し、2名の新理事を承認するとともに、報告事項として依存問題対策推進会議、高射幸性遊技機等の取り扱いに関する事項などの説明を行った。また、4月29、30日に幕張メッセで行われたイベント「ニコニコ超会議2017」において日遊協が出展したブースの反響についての詳細も合わせて報告された。
   
理事会後の会見では、5月9日に警察庁から求められた、新基準に該当しない遊技機と高射幸性遊技機に関する対応の見直し要請や、「ギャンブル等依存症対策基本法案骨子」などに関する質疑が行われた。
 
このうち、高射幸性遊技機に関する対応については、庄司孝輝会長が「以前の申し合わせにおいても『認定をしない』ということをいっていたにも関わらずそれが守られていなかった。日遊協としては再三再四、言ってきたことだ」とするなど、申し合わせ事項が履行されなかったことが問題の根源と指摘した上で、「対応は早く決めなければならないが、まずは全日遊連と日電協が話合っており、それを受けて6団体で協議することになる」などとし、2団体間での話し合いの結果を土台に6団体で協議が行われるとの見通しを立てた。一方、対応の詳細や取りまとめのスケジュールについては「政府の依存問題への具体策が夏前にまとまると聞いているので、その前に業界内の対応も決まっているのが望ましいだろう」などとした。
 
また17日に政府与党がまとめた「ギャンブル等依存症対策基本法案骨子」については、堀内文隆専務理事が「骨子を理事会で紹介している。内容はアルコール健康障害対策基本法と似ている感じだという印象。(パチンコホールについては)事業者の責務として法案骨子で触れられているので、そこは注視していきたい」と所感を述べた。一方、庄司会長は「今後の成り行きでは違うことを要望されたりするかもしれないので、様子を見ていきたい」とし、国会審議の情勢次第では骨子案に新たな依存問題対策が加わる可能性もあるとの見方を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.