日遊協が「共生の森」の活動終了式

日遊協共生の森画像01日遊協は3月16日、埼玉県嵐山町における「共生の森」での10年間に渡る造成計画を終了し、同日、活動終了式を行った。
 
「共生の森」は、未来を担う子どもたちに自然の大切さを知ってもらう目的で、2008年10月に日遊協20周年記念事業としてスタート。日遊協と埼玉県とで締結した協定に沿い、嵐山町有地の約5.5ヘクタールを借り受けて、約1000本のさまざまな種類の樹木を植えたほか、間伐や下草刈りを行うなど、10年計画で里山を造成した。
 
当日は、日遊協から30名を超える有志が集合。社会貢献環境対策委員会担当の知念安光理事の挨拶に続き、嵐山町の杉田哲男環境農政課長が10年間の活動に感謝の言葉を述べるなどした後、埼玉森林サポータークラブの協力を得ながら林内の清掃活動や間伐などを行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.