日遊協が定例理事会 高射幸性遊技機の取扱い合意書等を審議

日遊協は9月17日、静岡県伊東市の川奈ホテルにおいて定例理事会を開催し、「高射幸性遊技機の取扱いについての6団体合意書案」「申合せ案」の内容や、 日工組、日電協、日遊協で協議している流通制度の健全化のための新台入替・部品交換等の制度化についての途中経過などを報告した。
 
理事会終了後には秋季セ ミナー、懇親会が行なわれ、セミナーでは公益財団法人に本証券経済研究所理事長の増井喜一郎氏が「今後の日本経済と証券市場、証券規制〜業界団体での経験 から〜」と題して講演を行なった。
 
記者会見は開催されなかった。日遊協からのリリースによる理事会の承認案件、報告案件は以下の通りとなる。
 
【承認案件】
・申請のあった正会員11社(ホール1、メーカー9、販社1)、賛助会員1社の新規入会を承認した。これにより会員情況は、正社員346社、賛助会員77社、合計423社と3団体(日工組、日電協、同友会)となった。
 
【報告及び承認案件】
・高射幸性遊技機の取扱いについての6団体の合意書案と申合せ案の内容が報告され、審議を行なった。(合意書案と申合せ案は、翌9月18日の全日遊連理事会での承認を受けた。)
・日工組、日電協に日遊協が加わって協議している、流通制度の健全化のための新台入替・部品交換等の制度化について、作業の途中経過が報告され、審議を行なった。
・遊技産業健全化推進機構の遊技機性能調査8月分までの結果について、審議を行なった。
・セキュリティー対策委員会・中古機流通協議会・リサイクル推進委員会の各審議状況、専門委員会・プロジェクトチームの各活動状況についての報告、他。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.