日遊協九州支部総会 若手との連携強化へ

%e6%97%a5%e9%81%8a%e5%8d%94%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e6%94%af%e9%83%a8%e7%b7%8f%e4%bc%9a日遊協九州支部は4月13日、福岡市内のグランド・ハイアット・福岡において支部総会と講演会を開催した。総会では支部活動報告や本部活動報告がなされたほか、本年度の支部重点推進事項として「業界の健全化に向けた断固たる対応」「依存問題対策の推進」「不正に対する断固たる対応」などを掲げた。また講演会では、日遊協の堀内文隆専務理事と遊技通信社の伊藤實啓社長が今の業界が抱える問題を整理し、その解決に向けた道のりを語った。

総会で挨拶を行った福山裕治支部長は、就任してからの一年間を振り返り、熊本地震への8回にわたるボランティア活動や本部のセキュリティ対策委員会への参加などへの協力に謝意を述べたうえで、業界が抱える諸問題を立ち向かっていくためにも、若手との連携が取れていることが大きな成果だとした。続いて挨拶を行った庄司孝輝会長は、依存問題について「制度的な制約に至らなかったのはよかったが、今後もいろいろなことをやっていかなければならない。のめり込み・依存問題というものは、この業には必ず付いてまわるものなので、具体的に対応することが、世の中に認知されることにつながっていく」との認識を示した。さらに、業界のあり方や今後について、ホール営業者だけではなくメーカーや販社まで含めて、団体間で相互利益を考えてやっていくべき時代になったと述べた。

来賓として挨拶した九州管区警察局広域調整部の柴田直彦部長は支部活動に理解を示し、「警察による営業所への立入りに対する協力」「のめり込み対策への積極的取組み」「暴力団対策の確実な実施」への協力を要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.