日遊協北海道支部総会、美山正広氏が支部長に選任

新役員整列日遊協北海道支部は9月30日、札幌市内の京王プラザホテル札幌で支部総会とセミナーを開催し、昨今の遊技機環境を巡る状況報告などがなされた。支部長選任の件では、10年間を務めた松谷明良氏に代わり、美山正広氏が就任することとなった。
 
冒頭に挨拶した松谷明良支部長は、業界発展のために若い世代に支部長を譲りたいとの意向を示したうえで、「昨今の業界が不透明な時こそ、日遊協が先頭に立って業界が向かうべき方向性を示し、業界が世界から求められている、安心・安全して楽しめる真の健全娯楽の確立のため知恵を出す時である」と述べ、支部会員の協力を要請した。
 
続いて日遊協の庄司孝輝会長は、ヘビーユーザーに偏った市場環境を変化させなくてはならない時期に来ているとして、「一年二年先に向かって、高射幸性遊技機を撤去させていこう、新たな機械へ入れ替えていこうという目標設定をほかの5団体と協議し、その方向性で全日遊連さんをサポートしていこうという形になった」と報告。その進捗状況によっては認定や中古機流通などの面から追加の措置を出さざるをえない状況もありうるのではないかとの見方を示した。遊技機設置や部品交換の問題についても、ホール側が責任と義務を持って対応していくことが重要だと述べ、日遊協が行っている遊技機取扱主任者制度の意義を訴えるとともに、日遊協自体の役割が強まっているとして会員の支援を求めた。
 
今総会で新たに選任された美山正広支部長は、「非常に身が引き締まる思い。微力ではございますけれども、全力で臨んでまいりますのでよろしくお願いいたします」と語った。なお、副支部長には伊豆正則氏と山本淳一氏が就任し、前支部長の松谷明良氏は相談役となった。
 
その後、伊東慎悟常務理事は日遊協活動報告、堀内文隆専務理事が高射幸性遊技機の取扱い、茂木欣人・風営法PTリーダーが今後の遊技機の動向について説明した。そのうち堀内専務理事は経過報告とともに、パチンコ機とパチスロ機でのおおよその基準と対象遊技機の社数、機種数、台数を明らかにした。
 
総会後には、弊社・伊藤實啓が「最近の業界動向を通じて考える、業界の在り方と今後の方向性」と題したセミナーを行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

AQUA 外観2(アーケード下)

都内月島のパチンコ店「AQUA」が海外建築賞受賞

2018/11/13

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.