日遊協近畿支部総会 福井支部長が再任

日遊協近畿支部は4月15日、大阪市内のKKRホテル大阪において支部総会とセミナーを開催し、役員改選で現職支部長の福井章氏(ボネール)の5期目となる再選を承認した。井上威夫氏(ハッコー)、板倉孝次氏(アサヒディード)の両副支部長も留任した。総会後のセミナーでは日遊協の大久保正博副会長が「ちょいパチ」について現在の進捗状況や今後のスケジュール等について報告した。
 
日遊協近畿総会冒頭に挨拶した福井支部長は、高射幸性遊技機や遊技くぎの問題、さらに流通の健全化など課題が山積していることを危惧する一方で、業界の変化をアピールする良い機会と捉えるべきともし、業界全体で問題解決にむけた取り組みを行う必要があるとした。
 
続いて挨拶した日遊協・庄司孝輝会長は、現状の問題とともに将来的な課題を考える必要があるとし、法令改正も視野に入れて業界側の要望事項をまとめるなど準備を行っていく意向を明かした。
 
来賓挨拶では大阪府警本部保安課の廣瀬敬治郎課長が、検定機と性能の異なる可能性のある遊技機の問題、遊技機流通健全化などについて言及し、特に遊技機の問題については、「当課に対しても『騙されていたのか』『何を信じればいいのか』といった府民の声が直接届いている。業界に対する国民、府民の不信感を募らせる事態となっている」と憂慮を示すとともに、日工組によってリストアップされる遊技機の円滑な撤去を要請した。 
 
総会終了後のセミナーでは大久保副会長の講演と、近畿支部セキュリティ対策部会による最近のゴト事例報告とその対策についての解説が行われた。

大久保氏は日工組などが進めている「ちょいパチ」の概要について説明。確率1/40以上、ヘソ賞球5個以上、安心安全な遊技機、を定義に据えた「ちょいパチ」について、「ハネ物の性能を数値化したものをデジパチで再現しようというのが「ちょいパチ」の考え方の入り口。日工組は、サミット自粛あけから展示会をはじめるべく準備中で、これは行政の説明と賛同を得た取り組みとして準備を進めている」とし、具体的には6月、7月、8月それぞれの中旬〜下旬、3期にわけて複数メーカーで一斉に発表する予定だとした。「ちょいパチ」は、4月28、29日に幕張メッセで開催される人気動画サイトの巨大イベント「ニコニコ超会議2016」の日遊協ブースにおいて、試打機が展示されることになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.