日電協、2020年東京パラ五輪出場目指すアスリートをサポート

日電協はこのほど、2020年に開催される東京パラリンピック出場を目指すパラ・アスリート4選手をサポートすることを発表した。遊技業界が社会的役割を果たし、大衆娯楽として社会と共生していくことが目的。同組合では、社会貢献活動の一環として、2021年まで継続的な支援を実施していくという。

支援対象となる4選手は、車いす陸上選手らが在籍するグロップサンセリテワールドアスリートクラブの松永仁志選手、佐藤友折選手、生馬知季選手の3人と、ジョブエンターテイメント所属の中西麻耶選手。このうち、松永選手は2016年のリオパラ五輪で、パラ陸上日本代表の主将を務めている。

ワールドアスリート

中西選手2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

国会議事堂

政府がギャンブル等依存症対策推進基本計画を閣議決定

2019/4/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.