日電協総会、佐野理事長が一連のパチスロ自主規制について言及

IMG_0777日電協は6月10日、都内丸の内のパレスホテル東京で第36回目となる通常総会を開催した。
 
佐野慎一理事長は冒頭の挨拶で、パチスロ機を巡る一連の自主規制について言及。「今後1,500ゲーム単位、時間にして約2時間以上は、一連の指示機能が続かないようにする規制を、射幸性の抑制対策として行う。これを5.9号機と呼ぶが、これにより出っぱなしや、いわゆるハイエナ行為が抑制され、短時間で楽しく遊べる遊技機の開発が進むと思っている」と、最終段階にある自主規制の概略を説明した。
 
総会後の会見では、組合加盟メーカーによる新台流通の目安となる証紙発行枚数が、前年度比17.1%減の約67万枚となったことが報告された。これについて同組合では、「これといった一つの要因はないが、レギュレーションの変更など様々なことが影響している」と減少要因を説明した。今年度は60万枚の発給を見込んでいる。また総会では、新監事として大泉秀治氏が選出された。
 
懇親会では、警察庁保安課の小柳誠二課長の祝辞を、同・古閑誠弘専門官が代読。「依然として業界には健全化を阻害する要因が残っているが、今後一致団結して健全化していくことを期待している。警察としても、自主的な活動を踏まえた施策を引き続き展開していく」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.