旧規則機の新台販売時に検定有効期間の明示を要望

全日遊連は5月22日、日工組と日電協に対して、遊技機メーカーが旧規則機を新台として販売する際には、検定有効期間を明示した上で販売するよう、傘下の組合員メーカー各社に指導することを求める文書を送付した。
 
遊技機の検定有効期間は通常であれば検定公示日から3年間となっているが、2月1日の規則改正に伴う経過措置でそれ以降に検定が公示され、新台として販売される旧規則機の「検定有効期間の開始日」は、本年2月1日時点における型式試験申請及び検定申請の状況により異なっている。
 
検定有効期間は検定通知書の「検定の有効期間の欄」に記載されるが、全日遊連では、無用な混乱を避けるためにも、購入を希望するホールがあらかじめ検定有効期間を確認した上で商談に臨むことが肝要であるとし、メーカーが旧規則機を新台として販売する際にはこれを明示するよう、両団体傘下の組合員メーカー各社への指導を要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.