札幌方面遊協が新年賀詞交歓会

札幌賀詞交歓会札幌方面遊技事業協同組合と札幌遊技業協同組合は1月29日、札幌市内の全日空ホテルにおいて新年賀詞交歓会を開催した。式典には来賓や組合員ら約70名が参加。公益財団法人北海道防犯協会連合会から感謝状の贈呈も行われた。
 
挨拶を行った両組合理事長の朴耕成氏は、1996年の社会的不適合機や2006年のパチスロ4号機の撤去問題を挙げながら、検定機と性能が異なるぱちんこ機の撤去について「3度目の波」と表現し、組合一丸となって状況を打開する考えを示した。
 
来賓では、回胴遊商北海道支部の徳山健一支部長ら関係者4名が挨拶。徳山支部長は、撤去やサミット自粛など今後の問題に憂慮を示しながらも、「現実から目を逸らすことなく協力体制を敷いて乗り越えるべきだ」などと述べた。また北遊商の畠山和生理事長は「賀詞交歓会で決議されたように、14団体が一つにまとまるべきだと感じている」とし業界団体のまとまりを強調した。
 
一方、日遊協北海道支部の美山正広支部長は、業界一丸での取り組みの重要性を述べるとともに、道内業界団体の融和案についても言及し、「来年の札幌方面遊協の賀詞交歓会を、北海道遊技産業合同賀詞交歓会として開催し、道内の業界団体が一堂に会して社会や行政に対して一体となっていることを示せれば」などと提案した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.