東京都遊協が平成26年度経営者研修会 

東京都遊協は10月22日、都内中野の中野サンプラザで平成26年度の経営者研修会を開催。警視庁保安課の担当官による行政講話のほか、パチンコのめり込み問題について、2名の講師を招いての特別講演が行われた。
 
研修会の冒頭で挨拶に立った阿部恭久理事長は、全日遊連で展開しているのめり込み防止策やパチスロ機問題、さらにはカジノ議論や次世代の党の動向など、最近の業界を取り巻く環境を包括的に説明し、「パチンコはそもそもギャンブルではなく、遊技である以上、広告宣伝や適正な賞品提供、遊技機の出玉性能など、その営業にはおのずと範囲が限られている。ところが、ややもすると過当競争を言い訳にして、その範囲を外れることもある。しばらくは業界が社会から注目を集める事案が続くと思われることから、しっかりとした認識の元で責任のある行動を心掛けてほしい」と述べた。
 
行政講話では、警視庁保安課風俗営業係の川崎光徳係長が業界の現状と課題を指摘。川崎係長は、射幸性を抑えるための業界の取り組みに理解を示す一方で、ヘビーユーザーに依存した営業やのめり込み問題など負の連鎖が続いている状況を述べ、さらなる射幸性の抑制を求めるとともに、「のめり込み問題は業界が正面から取り組むべき課題」と注意を促した。さらに賞品買い取り問題、構造設備に関する各種規制、遊技料金規制、広告宣伝規制などで風営法の遵守を強く求めたほか、中古機流通制度の適正な運用、暴力団の再関与防止などを呼び掛けた。
 
その後、研修会ではパチンコ依存問題の電話相談機関、リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表が「娯楽と依存の素敵な関係」と題して講演したほか、パチンコ依存からの回復支援施設、ワンデーポートの中村努施設長が施設の沿革と最近の活動状況を報告し、都内ホール関係者の理解と支援を求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.