東北遊商総会 役員改選で高橋理事長を再選

東北遊商新理事東北遊技機商業協同組合は5月29日、仙台市内で通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で高橋一則理事長の再選を決めた。
 
総会冒頭の挨拶で高橋理事長は、遊技機メーカーの破綻が相次ぐなどの厳しい業界環境にあることを示した上で、「中古機の確認証紙発行事業は順調に推移しているが、1件あたりの取扱い台数は減少している。従業員が過酷な労働環境にあることが危ぶまれており、過重労働にならないよう気をつけて欲しい」と述べるなどした。
 
議案審議では上程案件は全て可決承認された。組合規約の関係では、新規組合加入規約を全部改正したほか、委員会設置規約の一部改正、部会規約の一部改正を行うなどした。これによって、従来の新台部会、機械部会、回胴式部会、商社部会、代行店部会の5部会を新台、機械、商社の3部会に再編した。
 
役員改選では理事の選出選挙を行い、組合員の投票によって理事12名、監事2名を決定。理事会の結果、理事長に高橋氏の再選を決めたほか、副理事長に林義信氏、永山恵治氏、専務理事に佐藤秀功氏が留任、常務理事には山内清司氏を選出した。
 
総会前には、第2代理事長を務めた苅谷準一郎氏と元副理事長の福地健次氏の逝去に伴い、出席者全員で黙祷を捧げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.