%e6%9d%b1%e5%8c%97%e9%81%8a%e5%95%86東北遊技機商業協同組合は5月26日、仙台市内のホテルニュー水戸屋で通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で高橋一則理事長の再選を決めた。
 
総会冒頭の挨拶で高橋理事長は、遊技機に関する問題が多発した前年度を振り返り、「特に遊技機の流通制度における急激な変化には不安ととまどいがあるが、これは我々販売商社としての存在意義を示すには最大のチャンスだと捉えたい。遊技機を売って設置するだけなら誰でもできるわけであり、なぜ中古流通システムで機歴管理があり、顔認証があり、点検確認のスキルアップが必要なのかを考えるべきだろう。その一方には、作業が煩雑になり、長時間労働になるなどの従来からの課題に対応するためにも労働環境の整備も急ぐ必要があり、我々はそうした点も含めて販社組合としての存在意義を社会や業界に示していかなければならない」と述べた。
 
議案審議では上程案件は全て可決承認された。事業報告では、中古機の取扱数は検定書類が前年比41件増の5万1569件、認定書類が同3000件増の6046件、確認証紙枚数は検定機が2577枚減の8万117枚、認定機が6045枚増の1万6454枚となり、認定作業が大幅に増えたことが報告された。また、東北6県の児童養護への寄付や広瀬川の清掃活動、さらには献血活動など活発な社会貢献活動を継続して展開したことなどが報告された。
 
任期満了に伴う役員改選では、理事12名、監事2名を選任し、総会後の理事会で理事長に高橋氏の4選を決めたほか、副理事長に永山恵治氏、堀内幸男氏、専務理事に山内清司氏、常務理事に伊藤樹里氏を選出した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.