東商流が通常総会 経費削減が課題に

%e6%9d%b1%e5%95%86%e6%b5%81%e7%b7%8f%e4%bc%9a2017都内のホール用賞品を扱う商社で構成する東京商業流通組合は10月25日、都内池袋のホテルメトロポリタンで平成28年度の通常総会を開催した。
 
堀井努理事長が議長を務めた議案審議では、事業計画で流通管理システムの整備と改善、集荷場の効率的運用と組合員負担の軽減化などを掲げるとともに、事業費を対前年度で圧縮する予算案を承認。これに関連して、出席者からは、厳しい業界環境を考慮し、より一層の経費削減策を具体的に進めるよう要望が出るなどした。
 
総会前には、警視庁保安課風俗営業係の酒井文博係長による行政講話が行われ、「恒常的な暴力団排除と再関与の防止」「犯罪抑止への積極的な取組み」の要請があった。
 
総会後の懇親会で挨拶に立った堀井理事長は、「本日の審議結果を元に、役員一同、ご期待に添えるよう頑張っていきたい」と述べるとともに、都遊協との協力関係を強め、厳しい環境を乗り切っていきたい考えを示した。
 
来賓挨拶では都遊協の阿部恭久理事長が、依存対策として進めている諸施策の現状を報告するなどして、理解と協力を求めた。また、暴力団追放運動推進都民センターの藤原孝代表理事が、暴力団情勢を解説するとともに、再関与の防止を求めるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.