東大和遊技場組合が防犯・防災啓発マスク1万セットを寄贈

都遊連傘下の東大和遊技場組合は8月20日、地域貢献活動の一環として武蔵村山市にマスク1万セット(約60万円相当)を寄贈した。

今回寄贈されたマスクは、パッケージに振り込め詐欺の新名称である「母さん助けて詐欺」への注意喚起や災害用伝言ダイヤルの電話番号などが印刷されており、市では8月31日に開催が予定されている武蔵村山市総合防災訓練や敬老会などでこのマスクを配布する予定だという。
 
市役所で行われた贈呈式には、山内伸組合長と都遊協の松田洋専務理事、青澤三男事務局長が出席した。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.