東遊商が介助犬協会と聴導犬協会へ寄付金を贈呈

photo2東遊商は11月12日、都内台東区の事務局で社会福祉法人日本介助犬協会(介助犬協会)、社会福祉法人日本聴導犬協会(聴導犬協会)に対して寄付金を贈呈した。社会貢献活動の一環。
 
介助犬協会からは常務理事で医学博士の高栁友子さんが、聴導犬協会から会長の有馬もとさんが来局し、中村昌勇理事長から目録を受け取った。東遊商では、これまで障がいを持つ人達が社会で活躍できるように、公益財団法人日本盲導犬協会や公益財団法人アイメイト協会をなどへ中古機流通事業の売上の一部やチャリティーゴルフコンペで集まった浄財の寄付を通じて、様々な団体活動を支援してきた。

 今回の寄付金贈呈について中村理事長は「介助犬協会と聴導犬協会への寄付は今回が初めて。介助犬・聴導犬についてより多くの皆さまに知っていただき、支援の輪が広がればとの思いを込めて、宣伝活動への協力や運営活動への支援にできる限り取り組んでいきたい」と話した。東遊商では今後、広報誌等を通じて両団体の紹介を行っていくほか、中古書類の発給時に使用するクリアファイルを通じて両団体の活動への認知を広めていきたいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.