栃木県遊協総会 事業計画に依存対策や18禁措置などを策定

OLYMPUS DIGITAL CAMERA栃木県遊協は5月25日、宇都宮市内のホテルで第51回通常総会を開催し、上程案件すべてを可決承認した。

冒頭の挨拶で岩河健一理事長は、検定機と性能の異なる可能性のある遊技機の回収・撤去、および新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率引き下げ施策に触れ、「業界のターニングポイントになった一年だったが、すべての目標をクリアし、社会的責任を果たすことができた。今後ものめり込み問題や射幸性の問題などで遊技環境の整備に向けた取り組みが求められることになるが、全日遊連の遊技関連依存問題検討PTをはじめ、安心パチンコ・パチスロアドバイザーの設置など、改善に向けた施策を通じて社会からの信頼を勝ち得ていきたい」と語った。

議案審議では、今年度予算案をはじめ事業計画案など上程5議案すべてを拍手によって承認した。事業計画では、基本方針及び施策として、依存問題への対応など4項目を策定したほか、継続的重点推進事項として18歳未満立入り禁止措置の徹底など13項目を掲げた。また、岩河理事長からは県遊協独自で、安心パチンコ・パチスロアドバイザーの資格取得に向けた秋季セミナーを開催することも併せて報告された。また、当日は、社会貢献活動の一環として栃木県に100万円を寄付。福田富一県知事から県遊協に感謝状が贈られた。来賓には福田県知事をはじめ、栃木県警察本部生活安全部の福原泉部長、全関東連の伊坂重憲会長が臨席。この中で福原部長は、駐車場の巡回活動の徹底や監視カメラによる警戒など、組合員の日頃の防犯活動に感謝の言葉を述べながら、今後も安全で安心な社会作りのための防犯協力を要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.