%e8%b3%80%e8%a9%9e%e4%ba%a4%e6%ad%93%e4%bc%9aパチンコ・パチスロ産業の関連14団体は1月27日、都内港区の新橋第一ホテルにおいて合同の賀詞交歓会を開催した。会場には業界団体関係者をはじめ、警察庁生活安全局保安課の小柳誠二課長、津村優介課長補佐ら来賓を含め、460名余が臨席。このなかでパチンコ・パチスロ21世紀会(以下、21世紀会)は、依存(のめり込み)対策を業界挙げて取り組んでいくことを宣言した。
 
会の冒頭には、14団体を代表して全日遊連の阿部恭久理事長、日工組の金沢全求理事長、日電協の佐野慎一理事長が挨拶。阿部理事長は昨年の遊技機問題解決に向けた尽力について感謝の意を示すとともに「次に我々に求められるのは依存対策の強化。いわゆるIR整備推進法が成立し、マスコミの報道でもパチンコ、パチスロやギャンブル等への依存問題が大きくクローズアップされ、政府にも依存対策法制化を早急に進めようという動きがある」とし、パチンコ、パチスロは、ギャンブルとは一線を画し、大衆娯楽としての位置づけを明確にするとともに、今後打ち出していく業界団体の依存対策への理解と協力を要請した。
 
続いて阿部理事長が21世紀会で決議された「パチンコ・パチスロ依存(のめり込み)問題に対する声明」を発表。これまでの依存問題対策を総括しながら、取り組みのさらなる強化を宣言した。
 
行政からの挨拶では、警察庁生活安全局保安課の小柳誠二保安課長が、「業界の置かれている厳しい現状について危機意識を共有していただき、各種問題に適切かつ着実に対処していただきたい」とし、特に依存問題については「解決に積極的に取り組むことが、業界の社会的責任であることを強く認識していただく必要がある」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.