機構が2020年度上半期の立入検査活動実績を発表

遊技産業健全化推進機構は10月23日、本年度上半期の立入検査活動の実施状況を発表した。
 
それによると、今年4月1日から9月30日までの調査数は、49都府県方面で818店舗(うち計数機検査95店舗)。検査遊技機数は、パチンコが2,796台、パチスロが2,820台の合計5,616台。計数機検査は95台で、うち玉計数機が85台、メダル計数機が10台となっている。昨年同期との比較では、検査店舗数が約53.5%(昨年度1,530店舗)、検査遊技機数が約53.7%(同1万452台)、検査計数機数が約47.3%(同201台)だった。
 
本年度の目標店舗数は1,800店舗だったことから事業計画を下回るペースで推移しているが、機構では「この主な要因は、新型コロナウイルス感染症問題に対処するため、4月及び5月の立入検査活動をほぼ中止したことなどによるもの」と説明している。
 
これらの数字に依存防止対策調査は含まれていないが、概要は以下の通りとなっている。
 
【月別立入検査店舗数】
4月 5店舗(1都府県方面に対して遊技機検査0店舗 計数機検査5店舗)
5月 0店舗
6月 249店舗(14都府県方面に対して遊技機検査213店舗 計数機検査36店舗)
7月 206店舗(24都府県方面に対して遊技機検査178店舗 計数機検査28店舗)
8月 120店舗(12都府県方面に対して遊技機検査114店舗 計数機検査6店舗)
9月 238店舗(15都府県方面に対して遊技機検査218店舗 計数機検査20店舗)

【月別依存防止対策調査店舗数】
4月 10店舗(1都府県方面に対して)
5月 135店舗(11都府県方面に対して)
6月 212店舗(14都府県方面に対して)
7月 202店舗(24都府県方面に対して)
8月 140店舗(13都府県方面に対して)
9月 257店舗(18都府県方面に対して)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.