熊本県遊協が被災状況を報告

全日遊連は5月20日、都内新橋の第一ホテル東京で全国理事会を開催し、席上、熊本県遊協から先の震災における被害状況の報告がなされた。

報告によると、熊本地震の2度に渡る大きな揺れで、県下の組合員ホール148店舗のう91店舗が被災。天井や壁の崩壊、島の倒壊などで大きな被害を受け、5月9日現在で営業再開の目途が立たないホールは23店舗(遊技機総設置台数1万3,717台)に上っている。被災した91店舗中、5日以内に営業再開できたホールは半数以下の44店舗に留まり、6日以上14日以内だったホールが22店舗、15日以上30日以内だったホールも2店舗あった。

営業再開が未定状態にある23店舗における被害状況は、該当する全てを計上すると、天井が崩壊したホールが12店舗、島設備倒壊が13店舗、外壁崩落・柱亀裂が14店舗、スプリンクラー損壊による浸水が3店舗、駐車場亀裂・陥没等が5店舗。天井崩壊のほとんどは吊り天井で、多数の照明器具や空調設備なども固定されていたほか、落下した天井が島設備を直撃したことによって被害が拡大し、早期復旧が困難になっているホールもある。熊本では過去に大きな地震が発生していなかったため地震保険に未加入だったホールが多く、休業中の損益及び被災ホールの修復工事費等の総額については見当がつかない状況だという。

今回の震災における教訓として熊本県遊協では、「吊り天井の見直しあるいは耐震強度の強化」「建物の構造設備の点検・補強」「地震発生時を想定した避難誘導訓練の実施」「避難誘導時の妨げとなる設備・玉箱配置等の検討」「出玉、カード等の保管」「地震保険加入の検討」などを示し、「2回目の本震は不意を突かれたが、幸いにして発生時間帯が営業時間外の深夜であったため、人的な被害は回避された。これが営業時間中であったならば、大惨事となり最悪の事態を招いていたものと推定される。この震災を教訓として、『がんばろう 熊本』を合言葉に復旧・復興に努め、より安心・安全な遊技空間の確立を目指していきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.