業界6団体の関係者らで構成し、販売業者の登録や更新、取り消し及び効力の停止について審査、決定する登録資格審査委員会(委員長・庄司孝輝日遊協会長)は5月24日、平成30年度に入って第1回目の審査委員会を日遊協本部会議室で開催し、新規登録申請があった2業者を適合させたほか、更新申請のあった全104業者の適合を決めた。
 
一方で、登録販売業者の遵守事項違反で、2業者(回胴遊商関係)の処分を了承した。処分された1社(東京)は県公安委員会の承認を受けずに、倉庫保管中の回胴式中古遊技機8台を店舗に設置。当該業者は廃業しており、回胴遊商が除名対象組合員相当処分にしたほか、日遊協が遊技機取扱主任者の認定取消し処分を行った。
 
さらにもう1社(東京)は倉庫内での回胴式中古遊技機の点検確認に際し、セキュリティシールの貼付を怠るなど正規の手順で保全措置をとらなかった。回胴遊商が120日間の書類発給停止処分としたほか、日遊協が遊技機取扱主任者の効力停止(同期間)を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.