石川県遊協総会 浅野理事長が2期目の再選

IMG_0157石川県遊技業協同組合は6月22日、金沢市内の金沢東急ホテルにおいて通常総会をおこない事業関係、収支関係、役員選任など10議案を審議した。
 
役員改選では現職の浅野哲洋理事長、渡辺貴一氏、山口秀一氏の両副理事長留任を可決承認した。浅野氏は2期目。また組合員の減少によって理事定数の確保が困難になってきたことから定款を改正し定数の下限を引き下げる変更を行った。
 
浅野理事長は総会冒頭の挨拶で、検定機と性能の異なる可能性のある遊技機の問題について、その背景や経緯を説明しながら「起きてしまったことは起きたこととして、これからどうしていくかということを最大限に考えていかなければならない」などとし、回収対象遊技機の撤去への対応、ホールとメーカーとの連携、遵法営業の推進を組合活動の今後の重点方針として掲げた。
 
行政からは石川県警察本部生活安全部参事兼生活安全企画課長の水井郁憲氏が臨席し、のめり込み問題に起因する問題への対策、不正改造事犯の未然防止、射幸性の適正管理について言及した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.