神奈川県遊協が「横浜健康スタンプラリー」に景品475セットを寄贈

神奈川県遊協健康スタンプラリー神奈川県遊協と神奈川福祉事業協会は11月28日、横浜市が推進する「横浜健康スタンプラリー」事業に賛同し、ラリー完了者に提供する景品475セット、約220万円相当を寄贈した。
 
横浜市では、「健康長寿日本一」を目指して日常生活の中で楽しみながら健康づくりができる仕組みづくりを推進しており、スタンプラリーはこの取り組みの一環として行われている。継続のモチベーションを高めるためにラリー完了者には抽選で健康増進向けの景品を提供しているが、神奈川県遊協ではこの趣旨に賛同し、景品を寄贈することを決めた。
 
この支援に対して横浜市の林文子市長は、「毎年継続いただき光栄に思います。市民の皆様はずっと楽しみにしておられますので、是非、今後ともご継続をお願い致します」と謝辞を述べ、伊坂重憲理事長に感謝状を贈った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.