神奈川県遊協がサーカスに児童2700人を招待

神奈川県遊協と神奈川福祉事業協会は7月31日、横浜市内の横浜文化体育館でボリショイサーカスの福祉招待公演を開催し、児童養護施設や特別学級に通う児童ら2700人を招待した。
 
県遊協と福祉事業協会は30年に渡り、ボリショイサーカスの公演に児童を招待してきたが、これまでは他の来場者と一緒に観覧するかたちで行っていた。これを貸し切り公演とすることで、車椅子の利用が必要な障害を持った児童を招待することも可能になったほか、安心して観覧できる環境を整えた。今回の公演で招待者の延べ人数は5万7,600人に達した。
 
公演前のセレモニーには、県遊協の理事長で、福祉事業協会の会長でもある伊坂重憲氏、神奈川県の黒岩祐治知事、ボリショイサーカスのユーリャ・フィラトワ団長が出席。冒頭で挨拶した伊坂理事長は「今年も皆様の笑顔に会えてうれしい。本日は貸し切り公演ですので、存分に楽しんでもらいたい」と児童に語りかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.