神奈川県遊協が今年も恒例の福祉コンサート

神奈川福祉コンサート1神奈川県遊協と神奈川福祉事業協会は、6月5日と6日の2日間、神奈川県民ホールで「ふれあいコンサート~音符にのせて笑顔を届けよう~」を開催した。
 
コンサートは、障害を持つ子どもたちにオーケストラの演奏を聴く機会を提供したいという想いからスタートした社会貢献事業で、今年で7回目。県内の特別支援学校や横浜市の個別支援学級のほか、今年は川崎市内の個別支援学級に在籍する生徒や保護者も招待され、会期中に約2,500名が来場した。
 
主催者を代表して挨拶した神奈川県遊協の伊坂重憲理事長は、「今年もみなさんの笑顔に出会うことができて本当に嬉しく思っています。皆さんは神奈川県の宝物であり、今日演奏してくださる神奈川フィルハーモニー管弦楽団は県の文化のシンボル。今日は存分に音楽を楽しんでください」と挨拶した。また、コンサートを共催している神奈川県の黒岩祐治知事は「こうした活動を継続している神奈川県遊協と福祉事業協会に心から感謝している」と語り、会場の子供たちと一緒にお礼の言葉を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.