福島県遊連 禹日生理事長が2期目となる再選

福島県遊技業協同組合連合会は6月4日、郡山市内のホテルハマツで平成26年度の通常総会を開催し、役員改選で禹日生理事長が2期目となる再選を果たした。

総会冒頭の挨拶で禹理事長は、消費税増税の対策に追われた1年であったことを振り返り、県遊連としていち早く危機感を持って「市場等価に基づく一物一価での等価交換」の申し合わせを行ったことを報告。一方で発生から4年目を迎えた原発事故について憂慮し、組合としてあらためて復興支援などの社会的使命を果たしていきたいと述べるなどした。

議案審議では上程案件は全て可決承認された。事業計画では、前年度に実施し、好評を博した「福島県応急仮設住宅カラオケ歌合戦」の開催など、被災者支援を軸にした社会貢献活動を継続的に取り組む姿勢を示した。また、任期満了に伴う役員改選では、禹理事長が再選を果たしたほか、各地区協の長である金仁河、吉川永造、禹文吉副理事長が留任。県の中央遊協は野田浩副理事長が勇退し、諸田英模氏が新たに副理事長に就任した。
 
総会終了後には寄付金の贈呈式を開催。今年は県防連に200万円、県の暴追センターに100万円をそれぞれ寄贈した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.