第11回社会貢献大賞は和歌山県遊協「 “安全・安心とふくしの街づくり”」事業

社会貢献大賞2016全日本社会貢献団体機構(杉浦正健会長)は7月21日、社会貢献大賞の表彰式と平成28年度助成金贈呈式を都内新橋の第一ホテル東京で開催した。

社会貢献団体機構は平成17年、傘下組合や組合員ホールの社会貢献活動を広報するために全日遊連が中心となって設立された団体で、表彰式及び助成金の贈呈式は今回で11回目。今年度は、29都府県方面遊協から70件の申請があり、社会貢献度が最も高いものに贈られる大賞には、和歌山県遊技業協同組合の「周年記念 “安全・安心とふくしの街づくり”」事業が選ばれた。

和歌山県遊協は、昨年が組合設立50周年と社会福祉法人設立25周年という節目の年となったことから、平成3年から毎年実施している助成金交付事業を中心に様々な活動を展開。福祉施設の関係者から要望が多かった軽自動車の寄贈をはじめ、地元警察と協議のうえで地域を選定した高性能防犯カメラの設置など、安全・安心な街づくりに向けた活動が高く評価された。

平成28年度の助成事業は、「子どもの健やかな成長を願う事業」や「東日本大震災の被災者を元気づける事業」に関連した事業から一般助成13件、特別助成5件を選出。特命助成としてリカバリーサポート・ネットワークの「ぱちんこ依存問題に関する相談および回復支援事業」の助成も発表された。また、福島、埼玉、千葉、熊本の4県から共同助成の申請があり、合計23の事業に総額5150万円の助成を行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.