群馬県遊協、遊技人口の回復など事業計画に掲げる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA群馬県遊協は5月18日、前橋市の前橋商工会議所で通常総会を開催。手軽に安く遊べる遊技環境の構築による遊技人口の回復、のめり込み問題への対策などを盛り込んだ事業計画案を承認した。
 
挨拶で趙栄日理事長は、組合員店舗数が3月末時点で昨年比12店舗減の143店舗にまで減少していることを憂慮しつつ、組合店舗発展のために尽力していきたい考えを述べた。その上で、パチンコが大衆娯楽として国民・県民から評価されるために必要な取り組みとして、過度な射幸心の抑制と幼児の車内放置事故の防止、遊技機の不正改造の根絶などを挙げ、これら取り組みの推進を呼びかけた。
 
来賓には群馬県警察本部刑事部組織犯罪対策第一課の田中圭一郎課長、全関東連の伊坂重憲会長、群馬県防犯協会の関谷渡志雄専務理事らが臨席。全関東連の伊坂会長は、県遊協の社会貢献活動に対する敬意を表すなどした。
 
また、総会後の祝賀会には群馬県健康福祉部の塚越日出夫部長、群馬県警察本部生活安全部の永井薫部長らが臨席。県警の永井部長は、県内の刑法犯認知件数は毎年減り続けてはいるものの、凶悪事件や女性・子供を狙った事件などが依然発生しているとして、防犯意識の高揚を促した。加えて、パチンコ店においても昨年、帰宅しようとした店員が強盗被害に遭う事件が発生しているとして警戒の強化を求めるとともに、置き引きなどの店内の窃盗事件についても、パトロールの強化や防犯カメラの増設といった防止対策の強化を要請した。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.