自工会、古宮理事長が再任

OLYMPUS DIGITAL CAMERA遊技場自動サービス機工業会は5月21日、都内新橋の第一ホテル東京で通常総会を開催し、役員改選で古宮重雄理事長(マースエンジニアリング)の再任を承認した。副理事長には栢森秀行氏(ダイコク電機)が再任したほか、新たに吉村泰彦氏(JCMシステムズ)の就任を決めた。
 
議案審議は第五号議案まで全て可決承認。平成27年度事業計画案では、「会員の産業財産権の尊重と正当な評価、公平性の確保」「第三者貯玉保証管理制度の普及および推進」「会員の機器等に関するセキュリティの研究、開発促進」などを盛り込んだ活動案を承認した。
 
この日決定した新役員は下記の通り。
 
理事長   古宮重雄(マースエンジニアリング)
副理事長  栢森秀行(ダイコク電機)
      吉村泰彦(JCMシステムズ)
会計理事  小林友也(北電子)
理事    金森宏(アイ電子)
      秋田光勇(エース電研)
      大泉政治(オーイズミ)
      井寄義孝(グローリーナスカ)
      吉川実(SANKYO)
      横田元秀(シルバー電研)
      木原茂成(大都販売)
      近藤修一(西陣)
監事    酒井昌弥(サン電子)
      須田泰彦(メイセイ)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.