自工会総会、証紙発行数減も貯玉補償加盟店は増加

OLYMPUS DIGITAL CAMERA自工会(古宮重雄理事長)の平成27年度通常総会が5月19日、第一ホテル東京で開催され、栢森秀行副理事長(ダイコク電機)、吉村泰彦副理事長(JCMシステムズ)の退任に伴う役員改選で、井寄義孝氏(グローリーナスカ)と木原茂成氏(大都販売)の2名を副理事長に選出したほか、小林浩二氏(三共)と大成俊文氏(ダイコク電機)が新理事としての承認を受けるなどした。
 
開会に向けて挨拶にたった古宮理事長(マースエンジニアリング)は、「証紙・シールの販売事業」「特許事業」「貯玉補償加盟」という、自工会事業の昨年度実績を報告するなかで、取扱周辺機器の証紙発行は前年比約80%という厳しい実績で、最終的には予算策定額を下回ったものの、貯玉補償制度の加盟推進事業は、前年比335件増となる6,317件と順調に伸びている状況を報告。「昨年4月からスタートした貯玉の相互乗り入れ機能がファンの間でも認知されてきている。各種事業を通じて、ファンの信頼を勝ち得ながら今後も業界の健全化に少しでも寄与していきたい」と述べた。
 
栢森副理事長を議長に選出して行われた議案審議では事業活動、予算案の件など上程5議案全てが出席者の拍手によって可決承認された。

総会終了後の懇親会では、全日遊連の阿部恭久理事長、日遊協の庄司孝輝会長が来賓として臨席。阿部理事長は遊技機関連問題の早期解決に向けた取り組みを述べたほか、庄司会長は自工会会員メーカーが行っている「自己申告プログラム」への取り組みを評価するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.