茨城県遊協、平文理事長が2期目となる再選

img_2436茨城県遊協は6月8日、水戸市内の水戸京成ホテルで第37回通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で平文理事長(=写真)を再選した。平文理事長は2期目となる。

冒頭に挨拶した平文理事長は、「昨年は厳しい1年だったが、今年も依存問題が大きな課題となっている。この問題にはこれまで同様、ファンに寄りそって対応していく。また受動喫煙対策によって、今後相当の負担が強いられることになるが、厳しい時だからこそ、業界が一致団結していくことが生き残りのカギとなってくる」と呼びかけた。

総会では、上程された7つの議案全てを可決、承認。事業報告では、3月末段階で組合未加盟ホールが16店舗あることが明らかにされたほか、「AMマーク貼付事業」廃止に伴い導入されている機歴管理事業について伝達した。それによれば、昨年度は延べ4,150ホールから報告が上がり、パチンコ機4万167台、パチスロ機2万7,199台と、1カ月に一店舗平均約16.3台を入替えしていることが分かった。またホール内外での犯罪対策を強化した結果、ホールでの置き引き事件が、前年比35件減の29件と大幅に減少していたことが報告された。

来賓には、全関東連の伊坂重憲会長らが隣席。挨拶した伊坂会長は、パチンコ・パチスロアドバイザー制度など、今業界が取り組んでいる依存問題対策を解説しながら、「警察庁の指示は、さらに踏み込んだものとなっている。メーカーに対しては、新たな規制を示唆するなど、ホール営業を取り巻く情勢は先行き不透明な状況にある。また、カジノが現実味を帯びるなか、これからは、パチンコファンの回復に取り組み、メーカーに対してはホールや遊技客が望む遊技機の低価格での提供を求め、業界一体となってパチンコの再生を目指すことが、最も重要な課題だ」と訴えた。

総会後の懇親会には、茨城県の橋本昌知事や岡田広参議院議員、藤田幸久参院議員ら多数の来賓が参列。そのうち、挨拶した橋本知事は、組合が取り組んでいる社会貢献活動に感謝の意を示しながら、引き続きの取り組みに対し期待感を表すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.