茨城県遊協総会、平文理事長が遊技機撤去でファン減少を懸念

茨城全景茨城県遊協は6月9日、水戸市内の水戸京成ホテルで第36回通常総会を開催し、上程された8つの議案全てを可決承認した。議案審議では、同県遊協がAMマーク貼付事業の廃止に伴い導入した機歴管理事業の集計結果を報告。1カ月平均で、1店舗約16台の入替えを行っていることが分かった。

挨拶した平文暉朗理事長は、「今年は遊技機の撤去問題があり、営業における経済的な負担が控え、先行きが不安な状況だ。さらにこの事がファンの減少に繋がることも危惧している。こんな時こそ、組合員が一致団結して、対応していくことが生き残る道だと思う」と呼びかけた。

また来賓祝辞として、茨城県警察本部生活安全部の風見和幸部長の挨拶を代読した同黒澤勝則参事官は、県内の犯罪発生状況を解説しながら、特にパチンコ店内で多発している、置き引き犯罪の防止に向けた取り組みに協力を要請するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.