補給組合総会、証紙発給が約23%減

補給遊技場自動補給装置工業組合は5月29日、名古屋市中村区の遊技機会館で第42回目となる通常総会を開催した。

総会では、許諾証紙発給枚数が7年ぶりに1,000枚超えを果たした平成28年度から一転、同29年度は、前年度比241枚減、割合にして約23%減となる814枚に留まったことが報告されるなどした。

島補給の施工件数は、前年度比4件増の285件と微増したものの、そのうちコンピューターのみの施工件数が、前年度比245件減の529件となり、全体の許諾件数を押し下げた格好になっている。

冒頭に挨拶した梁川誠市理事長も、許諾件数の減少は、今の厳しい業況を反映した結果との認識を示しながら、「業況が今後改善されたとしても、それが設備に回るまでは時間がかかる。しばらく耐える時が続きそうだ」との見通しを表した。

来賓には、日工組理事の中川尚也事務局長が隣席。挨拶した中川事務局長は、新規則に対応した遊技機の早期供給に力を注いでいく考えを述べたほか、管理遊技機について言及。「新規則に管理遊技機が加わり、日工組でも、推進していくことを確認する。今後、お願いすることも出てくると思うのでよろしくご協力をお願いしたい」と理解を求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.