賀詞交歓会で、新たなのめり込み防止対策など盛込んだ「安心娯楽宣言」発表

賀詞交歓会2015

業界関連14団体が一堂に会した

パチンコ・パチスロ産業に関わる14団体の共催による新年賀詞交歓会が1月27日、都内港区の第一ホテル東京で開催され、業界関係者460名が列席した。
 
今回の式典の目玉となったのは、14団体で構成するパチンコ・パチスロ産業21世紀会の「安心娯楽宣言」。安心して遊べる遊技環境の提供を目的に、「のめり込み防止対策」「置き引き防止など防犯対策」、さらに闇スロなどへの遊技機の流出を根絶する「使用済み遊技機の適正処理」について、業界を挙げた新たな取組みを行うことを宣言した。
 
まず、のめり込み防止対策については、これまで行ってきたリカバリーサポート・ネットワークへの支援や子どもの車内放置事故防止の取組みに加え、①のめり込み対策に向けた従業員教育 ②「安心娯楽宣言」ホームページ立ち上げ、③業界団体ホームページでの、のめり込み防止の啓発 ④手軽に安価で短時間で遊べる遊技の創設と、遊技機の開発及び提供 ⑤自己申告プログラムの活用 ⑥遊技機等による注意喚起表示 ⑦依存相談に向けた新たな受け皿の設置(RSNへの相談の正しい誘導)、の7項目を実施する。
 また、置き引き防止対策については、①ホールにおける置引き防止対策マニュアルの策定と実践、とし、さらに、使用済遊技機の適正処理に関しては、①新たに闇スロ撲滅を目指す内容のポスターを作成する ②業界を挙げて5号機の業界における保有状況の実態調査を実施する ③使用済み遊技機が犯罪に使用されることのない仕組みづくりに取組む、とされた。
 
式典の冒頭、14団体を代表して挨拶を行った全日遊連の阿部恭久理事長は、参加人口が1000万人を割り込むなど苦境の年となった2014年を振り返りながら「私たちの業界があるべき姿はどういうものであるのか、(社会から)何を求められているのか。今こそ、娯楽としての在り方を根本的に見直すべき時なのかと思う」とするなど、一般社会からの目線を踏まえた取組みの必要性に言及するとともに、「最近では活性化委員会など、(メーカー、ホール等の)業種を超えた取組みが活発化しており、他団体との友好的な機運はかつてないほど高まっている」として、今後の業界挙げての取組みに意欲をみせた。
 
続いて日工組の金沢全求理事長、日電協の里見治理事長が挨拶。金沢理事長は「今年は、ファン減少に対する取組み強化と、のめり込み防止を重視していく」とした上で、射幸性の高い遊技機が、のめり込みの一因になっていると指摘した上で「今後はあまり高い射幸性は求めていかない」とする考えを示した。一方の里見理事長も、遊技機開発に対する日電協の考え方について「高い射幸性ではなく、楽しく遊んでもらうような遊技機を提供していきたい」とするなど、金沢理事長同様に射幸性の抑制を強調した。
 
来賓挨拶では、警察庁生活安全局保安課の小柳誠二課長が登壇。小柳課長は、遊技機の不正改造事犯、賞品買取事犯、違法な広報宣伝・賞品提供が未だ後を絶たない状況に憂慮を示すとともに、のめり込みに起因する問題の発生にも注意を喚起。業界団体の取組みには一定の評価を与えながらも、「その主旨が、個々の会員にまで理解されて、初めて業界を挙げての取組みになり、確たる成果につながる」と述べるなど、組合員や会員にまで取り決めの内容を浸透させることが重要との認識を示した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.