遊技機運送のセキュリティ向上を目指し研修会

0225遊運協遊技機運送業を手がける全国4つの業者組合で構成される遊技機運送事業連絡協議会は2月25日、都内荒川区のホテルラングウッドでセキュリティー研修会を開催した。同研修会は、2月19日に大阪で行われたのに続いて2回目。両会場合わせて約200人の運送業関係者が受講した。

この研修会は、同協議会が昨年11月から運用している遊技機運送に関わる細目を定めたセキュリティ要綱の周知徹底を図ると同時に、メーカー組合関係者から、さらなるセキュリティ向上を図るための要点を学ぶことを目的に実施。東京会場では大阪に引き続き、日電協健全化・セキュリティワーキンググループの正岡伸朗副グループ長と、日工組の田中芳郎事務局次長を講師として招へいした。

そのうち日電協の正岡副グループ長は、日電協が進めている流通セキュリティ施策の取り組み状況を解説したほか、昨年5月から採用している「遊技機運送管理票」の取り扱い事項を改めて説明。さらに、過去のトラブル事案を踏まえ、遊技機開梱時のルール徹底と、問題が生じた時の迅速な情報共有に対する協力を呼びかけた。

一方、日工組の田中事務局次長は、日工組メーカーが今年4月から順次採用していく梱包のセキュリティアップ施策について解説。従来の袋による梱包に加え、袋が破れても容易に基板などに触れることができないセキュリティ対策を施していくことを説明した。また、今年1月から導入した遊技機運送管理票の運用時における注意点を述べるなどした。

同協議会の後藤達人議長は、今後全国の各地域ごとに分かれている遊技機運送4組合の組織一本化を目指していく事を明らかにするとともに、セキュリティ要綱の厳守を強調。「これをきちんと守ることで、運送中に何かがあったのではという疑念を払拭でき、会社を守ることにも繋がる。厳しいかもしれないが、主旨に賛同する組合員を守る活動をこれからも進めていく」との決意を表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.