遊運協、運送に関するセキュリティ要綱を承認

遊技機運送事業協同組合は6月11日、都内荒川区のホテルラングウッドにおいて通常総会を開催、任期満了に伴う役員改選など8件の議案を審議した。役員改選では現職の栗原真理事長の再任を承認した。

また、昨年行われた日電協との打ち合わせ会議において組合員のセキュリティに関する問い合わせがあったことから、従来の規約にあったセキュリティに関する条項を独立させ「セキュリティ要綱」として条文化、総会で承認を受けた。将来的には全国の運送関連4団体の要綱を共通化していく意向も示された。総会会場ではトラックの荷台ドアを結束する新しい封印についても説明された。

総会で挨拶を行った栗原真理事長は「今年は組合が始まって以来の大きな出来事が続いた年だった」と振り返るとともに、今後は中部、近畿、九州の運送関連3組合と連絡会を結成し一致団結して様々な課題に取り組んでいく意向を示した。

議案審議では、昨年、ルート回収における運賃の値上げが実施されたことが報告された。昨年2月に行われた各地区会において組合員から値上げ要請が寄せられたことがきっかけで日工組と調整を重ね、広域回収、買取回収合わせて値上げを決定したという。この影響で昨年度の組合員売上高は過去最高となっている。

総会後の懇親会には全商協の中村昌勇会長、日工組の緒方右武顧問、日遊協の伊東愼吾常務理事ら、多数の来賓が臨席した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.