都遊協、認定切れ遊技機の再販要望へ

都連全景東京都遊協は1月28日、都内水道橋の東京ドームホテルで新年理事会を開催。理事会冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、昨年1年間で組合員ホールが23店舗減と厳しい状況が続いている上に、警察庁から置引き被害の防止やのめり込み対策の早急な実施などを求められていることを報告。出席理事の理解と協力を呼び掛けるとともに、具体的な各種施策の展開に意欲を示した。
 
議決事項では、理事会出席者とその発言権の規定を整備。さらに、都遊協や傘下組合が活動支援をしている日本ガーディアン・エンジェルスからの賛助会員加入の要請を受け、法人会員として加入することを決めた。
 
報告事項では、機械対策委員会から、認定切れ遊技機の再販を遊技機メーカーに要望するよう、全日遊連に検討を求めていることが明らかにされた。認定を受けた台数が多い機種について、その認定期間満了までに同じ外見、同じスペックの遊技機を板替えも含めて安価な再版を求める。濱田豊和委員長は「その機種で長く遊んでくれているファンを守るためにも、メーカーに働きかけていきたい」と述べるなどした。
 
また、総務委員会からは、東日本大震災の発生から4年目となる3月11日に、昨年同様、哀悼の意を表すとともに、被災地の1日も早い復興を祈ってネオン、看板等の終日消灯を実施することが報告された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.