都遊協のメーカー表彰 優秀賞でパチンコは平和、パチスロはサミーに

東京都遊協は5月21日、都内水道橋の東京ドームホテルで第46回通常総代会を開催し、席上、ホール営業に貢献をした遊技機メーカーの表彰を行った。

都遊協によるメーカー表彰は、長期使用に貢献するなどした遊技機の供給メーカーを褒賞することで、ホール営業に資する遊技機作りの活性化を図ろうと、平成23年の総代会から始めたもの。第4回目を迎えた今回は、パチンコ部門のメーカー優秀賞は「CRルパン三世~消されたルパン~」などをヒットさせた平和、パチスロ部門では「パチスロ北斗の拳 転生の章」「パチスロ化物語」などをリリースしたサミーが受賞した。
 
また、ヒット機種部門はパチンコは「CR牙狼FINAL-XX8」のサンセイアールアンドディと「CRスーパー海物語IN沖縄3」の三洋物産、パチスロ部門は「パチスロ北斗の拳 転生の章」のサミーと「パチスロAKB48」の京楽産業.がそれぞれ受賞。低価格賞はパチンコがSANKYOの「リユースプラン」、パチスロが平和の「分離型筐体システム」が受賞した。
 
総代会後の懇親会の席上で行われた表彰式では、都遊協の阿部恭久理事長がメーカー出席者ひとり一人に表彰状と記念の盾を手渡し、各社の代表は感謝の言葉とともに今年度における意気込みなどを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.