都遊協理事会 高射幸性機比率の自主規制に理解求める

都遊協3月全景東京都遊協は3月27日、都内市ヶ谷の遊技会館で理事会を開催し、特別協議事項として高射幸性回胴式遊技機における今後の取組みについて説明を行った。
 
全日遊連による「新基準に該当しない遊技機」の設置比率に関する自主規制では、昨年12月1日時点における30%以下から先の取扱いは決めていなかったが、今年1月の全国理事会の席上、警察庁保安課長から「特に高い射幸性を有すると区分した遊技機の削減」が促されていた。これを受け全日遊連は、3月14日に開催した理事会で、高射幸性回胴式遊技機の店舗ごとの設置比率について、平成31年1月31日までに設置台数の15%以下、平成32年1月31日までに5%以下、平成33年1月31日までに0%とする執行部案を示していた。
 
説明にあたった都遊協機械対策委員会の佐藤統委員長は、今後、認定切れになる機種が出るに従って高射幸性機自体が減少していく台数推移の予測値を示し、目標値はその予測値におおむね近いことを説明。さらに阿部恭久理事長は、今年の秋から6号機が市場に出てくる見通しを述べるとともに、4月12日の業界6団体会合で他団体の理解を取り付けた上で、4月24日に開催する全国理事会で決議事項として議題に上げる予定であることを説明し、理解を求めた。
 
理事会ではさらに、都遊協が行ったアンケート結果を元に、認定機への円滑な部品供給に関する要望を全日遊連を通じて供給側に申し入れた経緯が説明された。また、遊技機取扱主任者の労働環境改善に向け、この4月1日から点検確認作業を日中に移行させていくにあたっての運用の統一がなされることや、今国会に提出されている健康増進法改正案に関する動向の説明などがあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.