余暇進、令和2年度定時社員総会を開催

余暇進は6月16日、都内台東区の大都販売で令和2年度定時社員総会を開催した。
 
新型コロナ感染拡大防止を図るべく開催要件に必要な人員のみの参加としたが、全会員より議決権行使がなされ、総会は成立。多くの会員が直接参加できないことからweb会議システムとweb動画配信を利用し、会場の模様をリアルタイム視聴できるようにした。
 
議事に先立って笠井聰夫会長が挨拶し、遊技機の入替期限の延長、公的金融機関の融資、一時横行したパチンコ叩きの沈静化は雲間の光線といっていいとした上で「その陰には全日遊連をはじめ業界各団体が結束した働きかけが大きかったのは言うまでもない。本来ならメーカー、販社、ホールそれぞれ立場があるなかで大同団結してあたったことの意義は大きいと思う」と述べた。また、新型コロナとの戦いは長期戦必至といわれるなかで「先々不透明で何が起こるかわからないが、会員一同、相結束して何事にも諦めず、頑張っていこう」と語った。
 
議事では上程案件をすべて可決承認し、役員選任では新理事に金海晃和氏、矢部伸一郎氏の2氏が就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.