機構の立入検査数、新型コロナの影響で大幅減

遊技産業健全化推進機構は7月13日、検査部が実施した2020年度第1四半期(2020年4月1日から6月30日)の立入検査店舗数及び検査遊技機の調査活動実績を公表した。
 
それによると期間中の立入検査店舗数は、15都府県方面で254店舗(うち計数機検査は41店舗)、検査遊技機数は1,670台(パチンコ遊技機828台、パチスロ遊技機842台)、検査計数機数は41台(玉40、メダル1)。新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月及び5月の立入検査を控えたことによって大幅な減少となっており、昨年同期と比べると検査店舗数は約35.9%(昨年度708店舗)、検査遊技機数は約33.4%(昨年度5,002台)、検査計数機数は約52.6%(昨年度78台)となった。本年度の目標店舗数は、1,800店舗(依存防止対策調査を除く)だったことから、機構では「現時点においては事業計画をかなり下回るペースとなっている」としている。
 
月別の立入検査店舗数は、4月は5店舗(遊技機0店舗,計数機5店舗)、5月は0店舗、6月は249店舗(遊技機213店舗、計数機36店舗)。また、期間中に実施した依存防止対策調査店舗数は、4月が10店舗、5月が135店舗、6月が212店舗の合計357店舗となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.