「出玉性能は依存の原因になるとはいえない」日遊協の研究会が会見

日遊協が2018年10月に設置したパチンコ・パチスロ依存問題防止研究会は7月7日、都内の日遊協会議室で記者会見を開催し、「遊技障害のうたがい」に関するパネル研究で、高い射幸性の遊技機使用が遊技障害うたがいのリスクを増す原因になるとはいえないとの研究結果を発表した。2019年3月に調査した1000人のうち、継続して遊技をしている人を1年ごとに追跡調査した。
 
会見で研究会の座長を務める諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授は、パチンコ機の大当り確率タイプ別、パチスロ機のタイプ別の接触頻度と遊技障害尺度(PPDS・日工組社会安全研究財団内の研究会が作成されたパチンコ・パチスロ用の遊技障害尺度)の関係性を調査した結果、いずれも低い数値を示したほか、広告宣伝の視聴やイベント参加でも遊技障害のリスクを高めなかったことを報告。一部で指摘される新型コロナ禍での依存リスクの高まりも、パチンコに限っては認められなかった。
 
さらに篠原教授は、パチンコ依存の長期的リスク要因に抑うつや不安、衝動性の高さなどの性格因子などの遺伝要因があることを示すとともに、ギャンブル障害には「うつ」などの併存障害が多いことを指摘。こうしたリスクの高い人に対し、金額制限や時間制限をする「健全遊技」のメッセージを届ける必要性があると述べた。また、パチンコ遊技機は個人の選択と責任であり、その適切な選択をプレイヤーができるよう、事業者は正確な情報を提供する必要性があるとする「ぱちんこモデル2021」を示した。
 
会見で篠原教授は、調査は2019年3月から今年3月までの出玉性能の遊技機で行ったものであるとした上で、今後、「健全遊技」をどの程度守っていけば「遊技障害のうたがい」のリスクが下がっていくのかなどの追跡調査を行う考えを明らかにした。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年11月号

主な記事:

半導体に続き樹脂や金属類も不足、周辺機器市場へも影響与える
深刻化する部材不足による新台の停滞 試練続く経過措置期間の遊技機環境

「レジャー白書2021」発表 コロナ禍の余暇市場まとめる
新型コロナ禍が拍車掛け市場規模も大幅縮小 求められる「ファン人口」より「参加人口」拡大の施策

ホール企業と組合が各地で職域接種

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑪ 日工組理事長 榎本善紀氏

話題の新サービス ダイコク電機「スマート入場システム」

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ①「業界動向10大キーワード」

幕張メッセで「東京ゲームショウ2021」開催

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.