AA組合が、厚労省担当官ら招きセミナー開催

img_1737web共同購買によるホール事業者らのコスト削減施策を展開しているアミューズメント産業事業協同組合(東京都台東区、新井博貴代表理事)は3月22日、都内中央区の損保ジャパン日本興亜日本橋ビルで、組合設立後初めてとなるセミナーを開催した。

セミナーでは、健全な労働環境をテーマに、厚生労働省労働基準局安全衛生部計画課の樋口政純課長補佐が基調講演を行ったほか、ベトナムとカンボジアでカジノ事業を手がけるNATIエンタープライズ社の下地一成社長が、カジノ施設を参考に、内装と集客を紐付ける考え方をレクチャーした。

そのうち厚労省労基局の樋口課長補佐は、労働安全衛生に関する優良企業公表制度の設立に至った背景と、その制度について説明。「分かりやすくいえば、健康で働く制度づくりということになる。そのために経営者の方々に行ってもらいたい事は二つ。従業員を大切にするメッセージを発信することと、それが回るような仕組みをつくること」と呼びかけた。

加えて、受動喫煙対策における厚労省の支援事業も紹介。従業員を受動喫煙から守る喫煙室設置の助成金制度が設けられていることを指し示しながら、その活用を推奨するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.