PCSAがデータベースを発表

PCSAは8月22日に行われた臨時社員総会で、毎年実施している「PCSA DATA BASE 2014」の調査結果を発表した。このデータは正会員であるホール経営企業27社にアンケートを実施し、その結果をもとに売上高、雇用人数、法人税額の3項目を算出したもので、寄せられた回答数字を遊技機1台あたりに換算し、警察庁が発表している平成25年12月31日現在の遊技台数に掛け合わせて、各項目を類推している。
 
PCSAの調査結果によると、売上高は27兆9,239億円(回答10社)で、雇用人数が25万3644人(回答11社)、法人税納税額が2,029億円(回答9社)となった。3項目いずれも前回の数値を下回ったものの、PCSAでは、国内のサービス産業の法人税額1兆4,314億円のうち、約14.2%がパチンコホールの法人税であり、さらに国内法人税10兆180億円のうち、およそ2.0%がパチンコホールからの納税であると推察している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.