PCSAが女性活躍推進をテーマに、合田観光の取り組みを研修

合田観光永山氏パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)の人事問題研究部会は7月12日と13日の2日間、北海道札幌市内の合田観光商事本社で、第4回目となる「PCSA女性活躍推進情報交換会」を開催した。

同交換会は、ホール業界での女性活躍推進に関する講演や議論を通して、女性活躍推進の理解を深めることなどが目的。2015年から毎年開催されており、今回は13人の参加者が、女性活躍推進の社内プロジェクトを実施している合田観光商事の取り組みを学んだ。

当日は、合田観光商事なでしこプロジェクトリーダーの永山美貴枝氏(=写真)が、同社で実施されている「なでしこプロジェクト」の活動内容を解説したほか、参加者らがグループに別れ、各社の女性活躍推進の現状や課題について情報を交換した。さらにその後、札幌市内の3店舗を視察。女性活躍に関して、各店の店長と質疑応答を行うなどした。

PCSA人事問題研究部会の志賀健太郎リーダー(ニラク)は、「ホール業界の女性活躍推進については、まだまだ課題が多いことは事実だが、即効性のある特効薬はなく、その必要性を会社として認識し、一歩ずつ進めていくことが一番の近道だと考える。情報交換会を通じて女性活躍推進への理解促進、同時にホール業界で働く女性のネットワーク拡大につなげることで、女性活躍推進の原動力の一助になれば幸い」としている。

また参加者からは、「女性活躍推進を実現するためには、同社のような強力なトップダウンのもと、プロジェクトによる取り組みが必要不可欠だと感じた」「男性従業員やプロジェクトメンバー以外の女性従業員をいかに巻き込むかが重要であることを痛感した」などの感想が寄せられた。

女性活躍推進情報交換会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.