PCSAが第15期定時社員総会を開催、金本代表理事が4選

IMG_0489パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)は5月20日、都内千代田区のTKPガーデンシティPREMIUM神保町で第15期定時社員総会を開催し、事業計画や役員改選など、6つの議案を審議した。そのうち役員改選では、金本朝樹代表理事(アメニティーズ)の4期目となる再選が決議された。

挨拶した金本代表理事は、「遊技機の撤去回収や設置比率の期限などの問題は、ホールとメーカーの思惑がバラバラでは解決が難しい。厳しい状況だが、今は業界が団結するチャンスだとも思う。それによって問題を乗り越えていければ、素晴らしい未来が待っていると思う」と述べ、業界の団結を訴えた。

行政からは、警察庁生活安全局保安課の東徹係長が臨席し、大門雅弘課長補佐の講話を代読。「のめり込みや広告宣伝の問題など、健全化を阻害する要因が残されているのも事実。遊技客が安心して遊べる環境作りに業界が一致団結して臨み、健全な娯楽となることを期待する」と要請した。

また第11回目となるPCSA学生懸賞アイディア・エッセイの表彰式も行われた。今回は計29作品が寄せられ、厳正な審査の結果、最終優秀賞には近畿大学経営学部経営学科1年、清水悠佑さんの「若者を呼ぶ0円パチンコ」が選出された。

さらに当日は、第56回PCSA経営勉強会が実施され、三洋物産常務執行役員の堀尾孝文開発本部長と、オーイズミ営業本部特機部の兼本孝昌部長が講演。それぞれが、パチンコ機とパチスロ機をテーマに、今後の遊技機動向についてレクチャーした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.