img_2943PCSAは8月24日、都内千代田区のTKPガーデンプレミアム神保町で第16期第1回臨時社員総会および第61回PCSA公開経営勉強会を開催した。

総会冒頭にあいさつした加藤英則代表理事は、現在の厳しい業況を示す一般紙の報道に触れながら、新規則に対する考えとして、「射幸性が落ちることは間違いない。しかし、我々としてはこのことを前向きに捉え、産業として発展させていきたい」との所感を語った。

総会では、ダイナムの藤本達司社長が新たな理事として承認されたほか、正会員に対するアンケートを元に業界の売上高や雇用人数、法人税額を類推した「PCSA DATE BASE」が発表された。

また公開経営勉強会では、遊技産業未来研究所の中野忠文代表取締役が規則改正をテーマに講演。経過措置を上手く活用するためにも、早い段階で長期稼動が見込める機種を揃えておく必要性を強調した。続く第2部では、業界誌の記者らが登壇してパネルディスカッションを実施。今後の業界がとるべき対応について意見が交わされるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.