「パチンコ税」構想がインターネットニュースに

インターネットニュースサイトの「MSN産経ニュース」は6月22日、自民党内で、法人税の実効税率の引き下げに伴う税収減に対する穴埋め財源の一つとして、パチンコやパチスロの換金時に「パチンコ税」を徴収する案が浮上している、と報じた。記事では「ギャンブルとして合法化する必要があるため異論もあるが、財源議論が活発化する中、注目が集まりそうだ」としている。

記事は、現状の三店方式の仕組みを解説し、新構想において「これを改め『換金免許制度』を創設。店での換金を認め、店が一定割合を地方税として納める形式のほか、景品交換所などを公益法人に委託された業者と位置付け、一定割合の手数料を取って国または地方自治体が徴収する案が検討されている」などと説明している。

さらに、業界にヒアリングを行った自民党の「時代に適した風営法を求める議員連盟」には野田毅・自民党税調会長、高村正彦副総裁らがいることから「一気に機運が高まる可能性もありそう」とするとともに、「パチンコ税も議論になりうる。パチンコ業界も法の枠組みで認められるのは歓迎ではないか」という税調関係者の声を紹介。

一方で、「治安悪化や法人減税の穴埋めを個人に課す形になるなど懸念の声もある」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.