「パチ7」と「劇団た組。」によるパチンコ演劇を8月に上演

ゲンダイ会見ゲンダイエージェンシーは7月1日、同社が運営する情報サイト「パチ7」と小説や漫画原作の舞台などを手掛ける「劇団た組。」のコラボレーションによるパチンコ演劇「運と命」の記者会見を都内神田の東京支社で開催した。当日は、演出家の加藤拓也さんをはじめ、演出者の長瀬ねん治さん、森田由美恵さん、中江友梨さん、フォンチーさん、蟹パーティー鈴木さんが出席した。

今回のコラボレーションは、ユーザーが投稿した企画をパチ7が実現させる「企画支援室」で、演出家の加藤氏がパチンコ・パチスロをテーマにした演劇の企画で応募したのがきっかけ。パチンコ演劇の採用についてパチ7編集長は、「いままで誰もやったことがないというのが採用した一番の理由。演劇の知識がなかったので当初はうさん臭いと思ったが、加藤氏のこれまでの実績も立派だったので企画がスタートした」と説明。加藤氏は今回の作品について「パチンコを題材にするとネガティブに捉えられがちだが、今回は暗いイメージを一転させてコメディ要素も盛り込んだ。パチンコをテーマにしながら人が不幸せにならない作品に仕上がっている」と語った。

パチンコ演劇「運と命」は、開店前のホールにいる4人の神様が中心となり、店内で起こる様々な人間模様をコメディタッチで描く群像劇。公演は8月24日から28日まで、都内台東区の「浅草ゆめまち劇場」で全8回行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.