カジノ解禁の国会議論を間近に控えるなか、カジノスクールが卒業式

継続審議中となっているカジノ解禁を含むIR推進法案の審議再開が見込まれる秋の臨時国会の開催が間近に控えるなか、日本唯一のカジノディーラー育成機関である日本カジノスクールが9月20日、都内千代田区の主婦会館で卒業式を挙行した。

今回卒業する生徒は38人。シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズに就職が決まっている卒業生がいるほか、希望者は、スクールの運営母体である株式会社ブライトの登録ディーラーとなり、客船やお台場の直営店、アドアーズのカジノゲームラウンジなどで活躍するという。

同スクールの大岩根成悦校長は式辞で、「IR推進法案が審議中となっており、色々なカジノ事業者がアプローチしてきている。IR推進法案自体も、9月からの臨時国会で可決されると考えており、国内のカジノ解禁もいよいよという気がする。推進法案が通過したあとは、実施法案という段階になるが、2019年には、国内3、4カ所にカジノができていると思う。5年後には、施設が完成しているという前提でみると、遅くても3年後には、人材の募集がはじまる。それまでカジノディーラーとしての技術を維持しておいて欲しい」と卒業生にエールを送った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.